MT4を使ったシステムトレードで楽々自動売買に挑戦!有益手法、パターン、インジケータ紹介と優良FX情報商材の実践検証
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ForextesterとMT4のストラテジーテスターの違い

Forextester
複数画面が可能
仮想資金での売買が可能
複数通貨同時テストが可能
インジケータは一般的なもののみ

MT4のストラテジーテスター
MT4の多様なインジケータでのテストが可能
画面は1画面のみ
仮想資金での売買は不可


ForexTesterについての説明はこちらのサイトのがわかりやすい→こちら
スポンサーサイト
先日の平均足だけでは使えそうにないので、あれやこれや試してみました。

ちなみにn日間高安値ではぜんぜん駄目でしてた

で、結局、RSIと、パラボリックと、時間フィルターを加えて検証してみました。


期間:2001/01/01~2008/02/29
時間軸:15分
通貨:USD/JPY(上段)、EUR/USD(下段)
オプテイマイズ:無し


結果↓↓
平均足

まあまあですね~~。


RSIをちょっといじってみました。↓↓
systemRSI.png

ちょっとマイルドになりました

他の通貨は試してません。


ex4ファイルはブリーフケースにあります。
色々試してみたい人は試してみてください。




参考になりましたら、ぽち↓お願いしますm(_ _)m



FXについてのクチコミ情報チェック
最近『Heiken_Ashi_Smoothed』というものが流行っている(?)みたいなので、
超簡単検証をしてみました。

検証ルール
通貨:ドル円
時間軸:日足
期間:2001.01.01~2008.02.24
買いルール:1本前の足が陽線なら、次の足のオープンで買い。
決算ルール:1本前の足が陰線なら、次の足のオープンで決算。
売りルール:買いルールの反対。
stop,limit:3000pipsに設定(事実上stop,limit無し)

『Heiken_Ashi_Smoothed』
heikinashismoothed


 ちょっと気分転換↓

FXについてのクチコミ情報チェック

 続きへどうぞ↓↓
ボリンジャーバンドのスクィーズからのエクスパンションは古典的といえば古典的な手法なのでしょうか。。。
それはさておき、たまたまプログラムを作ることになったので、(エクスパンションなんぼのもんじゃい!!)と検証してみました。

といっても、スクイーズの定義がはっきりしないので、定義次第でなんとでもなってしまうんですね。
恐るべしオプティマイズ


都合のよかった検証条件はこちら
⇒取引画像はわかり易いように色をつけてみました。(2σの幅35pips以下で黄色です)
EURUSD
EUD/USD
2007年9月~2008年2月
15分足
stop20pips固定
limit50pips固定
ボリンジャーバンド(21,2)の幅が35pips以上の時に、5本前から5本前(1から5を入れる。今回は5)のバーのボリンジャーバンド(21,2)の幅が25pips未満、かつ1本前のバーから5本前のバーまでのボリンジャーバンド(21,2)の幅が35pips未満ならエクスパンションの方向に仕掛ける。(青字のところを変更して数字をいれるプログラムなのだけれど、条件が多いので今回は2条件だけ変えてやってみました↓↓)



⇒上記条件のうち、ボリンジャーバンドの幅だけ変更。
EURUSD2
グラフ上から、
5本前が20pips未満、40pips以上で仕掛ける。
5本前が40pips未満、50pips以上で仕掛ける。
5本前が45pips未満、50pips以上で仕掛ける。


他の期間、他の通貨見てませんが、まあまあでしょうか。
もちろんこれだけでは使えませんが、他のものと組み合わせると、十分使えそうです


このプログラムはもともと自分用に作ったものではないので、あれこれ手直しして、準備ができたらお世話になっている方々の手元に行きます。


FXについてのクチコミ情報チェック

MT4自動売買USDJPY

↑↑こちらは先日の記事で紹介したプログラムをUSDJPYで同じ期間で検証した資産推移。ちょっとマイナスが大きくなってますね。
MT4自動売買EYRJPY

↑↑なんとEURJPYではこんなことになってしまいます。

では、このプログラムから何も学ぶものがないのか??
そんなことはありません。

検証期間:2006年10月10日~2008年1月10日
検証通貨:EURUSD
エントリー時間帯:日本時間17:00~19:59
エントリー方法:続きに記載
エグジット方法::続きに記載
使用時間軸:M15
検証方法:(M1,everytick)

1年ちょっとで原資が2倍近くになりました。
MT4自動売買






検証期間:2005年1月10日~2007年12月20
エントリー時間帯:日本時間10:00~26:00
エントリー方法:BB(20,2)ブレイクでブレイクの方向にエントリ
エグジット方法:プライスが20SMA到達でエグジット
使用時間軸:M15
検証方法:(M1,everytick)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。