MT4を使ったシステムトレードで楽々自動売買に挑戦!有益手法、パターン、インジケータ紹介と優良FX情報商材の実践検証
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大きく動いていますね。

こういうときこそトレンドフォローが力を発揮する。


小さく利食わず。


あわてず。


増し玉。


増し玉。



     




happy trading!!
スポンサーサイト
東京に行く機会があったので、、

サザインベストメントさんに行ってきました。

オフィスに入って思ったこと!!

雰囲気がいいですね!

皆さんいい顔でお仕事をされてました。
そういうことって大切だと思うんですよ。
どこの業界でも、いい顔で仕事するとお客さんもいい顔になりますね。


さて、
社長さんと、広報担当の方とお話をさせて頂いたんですが、

『お客さんに勝って欲しい』

と熱弁される社長さんがとても印象的でした。


そして、お客さんに勝ってもらうために、色々と考えられているとのこと。。

(実は、私は、ロブ・ブッカーの無料シグナル配信は、
かなり使えると思うんですよ。)


為替は世界のプロトレーダーとの戦いですからね。
普通に仕事や家事がある人が勝とうと思うと、
なかなか容易じゃぁないですよ。


プロが厳選した、プロのシグナルやアイデアを取り入れるのも、
勝ち組に入る近道かもしれませんね。



システムトレードの話を少ししたんですが、
システムシスィステム
システムシスィステムって綺麗な発音で言われてるあたりが、
サザインベストメントはGFTの日本窓口なんだな~~って関心しました(笑)

広報担当の方もとっても魅力的な方でしたよ~~!!
美人広報
知人のこんな発言を聞いて驚いた。

『日本は少子化で、日本経済の未来には不安を覚える。』

「ふん。ふん。」

『1週間前に海外に口座を開いて貯金した。』

「ほうほう」

『アメリカに』

「汗、世界の金持ちはアメリカからヨーロッパに資金を移したそうですよ。アメリカの大手銀行では人員削減の嵐だそうですよ。。。 汗。汗。」


今、円高でチャンスといってドルを買う人がいるらしい。

いろんな考え方はあるのだろうけれど。


急激に下がる渦中のものを買うよりも、

ほとぼりが冷めてから買いたい。
アメリカに出稼ぎに行っていたブラジル人が本国に戻る例が増えているそうです。
米経済の不況で会社が潰れたり、クビになったりということがあるそうですね。

悪化するアメリカ経済と好調ブラジル経済を象徴するような話ですね。
足元では、我家のガス代が上がりました。全国の消費者物価指数(CPI)が二ヶ月連続で上昇し、家計にも影響を与え始めているようです。某新聞ではサブプライムを背景にマネーが米金融市場から原油などに流れ込んでCPIの上昇を押し上げたと書いています。

原油高にはもっと様々な要因があるのでしょうが、その辺りの分析はファンダメンタル投資家におまかせるとして、我々はその経済の流れのごくごく一部の値動きを確実にとっていきたいものですね。

今日はアメリカ市場が休場のため、閑散としたマーケットになるかもしれませんね。
基本は様子見姿勢で、無理せずに頑張りますね。



ランキング上位のブログを見てみる

外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ


急にアクセス数が増えてきたので不思議に思ったら、MetaTraderでFX自動売買ブログさんが相互リンクに登録してくれてたんですね。、MetaTraderでFX自動売買ブログさん、ありがとうございます。
まだ初めたばかりでボリュームが少ないですが、有益な情報を提供できるよう頑張って更新していきます。
応援宜しくお願いします。

先日のNY旅行で感じたこと。

『日本人は金持ち』はもう昔の話。
日本人の買物袋は小さい。小さい。小さい。

韓国は勢いがある。買物袋がでかい。

中国はパワーがある。両手に抱えきれないくらい買う。

ヨーロッパ圏は豪快だ。大人買いだ。

アジアの勢い、ユーロ高を肌で感じた。

日本人も負けてはいられません!!
FXに励まねば!!


『沈む国と通貨の物語』これは2008年1月1日の日本経済新聞の一面見出しだ。
沈む国とはもちろんJAPANのことで、沈む通貨とは円のことである。

とあるロシアの日本料理屋では日本人客よりロシア人客のほうが喜ばれるらしい。
理由はシンプル。

ロシア人のほうががっつり食うからだ。
ロシア人のほうがお金を落とすからだ。


ルーブルは取引したことがないので意識したことがなかったが、最近の資源高でルーブルも高騰しているらしい。
RUBJPY

資源国が潤うとどうなるか?アジアの新興国が潤うとどうなるか?がっつり食うとどうなるか?
食料には限りがある。
わが国の食料自給率は40%程度、考えただけで恐ろしいィ
沈まないように一人一人が努めなければならない。
と、
同時に、
もし万一、沈んだとしても、世界のどこかで豊かに生きていける糧を身につけなければならない。
私にとってはそれがFX
楽しい話をひとつ
これは何でしょう
日銀本店


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。